結婚して家族を作ろう

結婚して家族を作ろう

友達に誘われたのがきっかけで、
婚活コンパみたいのに参加したのが20代後半のときだったかな。
それからしばらく、ハマってました(笑)

 

後半とはいえ20代となると、
そういうお見合いパーティみたいのに出ても人気絶頂なんですよ!
いい気になってたんですね。
そのときだって結婚はしたかったんです。
東京に住んでましたけど退屈な零細企業の事務職で仕事にやりがいはなかったし、
実家は田舎でもう30歳になったら貰い手がいないとばかりに
ヤイノヤイノと母親は結婚相手はいないのかと催促してくるし。

 

だけど、どこかで適当な気持ちだったのだろうし、
真剣に出会いを考えていなかったのかもしれない。
パーティで名刺を交換したりしても、
一度や二度はデートらしきものをして、なんとなくそれきりということが多かったんです。

 

それで何が原因というわけでもないのですが、
パタっと合コンに参加するのをやめてしまいました。
別に婚活ということだけではなく、仕事のこととか、
すべてにおいてどうもやる気が出ないというか、そういう時期があったんですよね。
ただ仕事は給料が必要なんでこなしてるだけ。

 

誘われれば友達と女子会したり、遊びに行ったりもしたけど、
ものすごく楽しいってことも本当はなかったです。
だけどずっと家にいるのも退屈だから、その程度の理由で出かけたりしてました。
でも、だんだんとむなしくなってきちゃって。
それがこの前の震災でますます、気持ちが変化してきました。
何も生き甲斐みたいなものがない、ぼんやりと生きてる自分に嫌気がさしたんです。

 

田舎に帰って、母親を見ていて思ったんですよ。

 

この人も格別なキャリアがあるわけでなし、
仕事も近所のスーパーのレジのパート。
これといって生き甲斐や目標があるようには見えない。
でもなんでこんな元気なんだろうって。

 

そしたら母親が
「バカだね、あんたは。家族ってものがあるでしょう。
私は家族のために頑張ってるんだよ。
家族が幸せに暮らせることが私の目標だ」
って、こう言ったんです。

 

なぜか、感激しちゃった。
そうだ、私も家族を作ろうって思ったんです。
好きな人と結婚して、子どもをたくさん作って、一生懸命毎日を忙しく生きよう。
単純な発想ですね(笑)

 

>> 体験談6:結婚相談所で出会いを重ねるうちにチャンスが!