結婚相談所で出会いを重ねるうちにチャンスが!

結婚相談所で出会いを重ねるうちにチャンスが!

それからは真剣に婚活しました。
お見合いパーティの参加は経験から言って、
私には結婚とはなかなか結びつかないかなと思いました。
それより、やっぱりちゃんと間に立つ人がいる
正式なお見合いのようなもののほうがいいんではないかと思ったんです。
そこで、結婚相談所を選びました。

 

結婚相談所もいろんなパターンがあるんです。
婚活サイトで登録した相手を見つけるのとあまり変わらないところもあるけれど、
私が選んだのはわりと昔ながらのやり方というか、マッチングしてくれた人と
仲人がわりの相談所のアドバイザー立ち会いのもとでお会いするというパターン。

 

相談所のなかでも老舗の大手ですね。
アドバイザーの人もすごく慣れた感じでした。
私の妙な意気込みとか、「家族を作ろうと思って!」みたいなイキオイとか
「そういう思いは大事なんですよ」なんて、うまく励ましてくれて。

 

それで紹介された最初の人は、印象はとてもよかったんです。
しかもお相手の人はお医者さんだったんですよ。

 

これって玉の輿ってやつ……? 
とか浮かれつつも、実際にお会いして話していたら、
私の思う「にぎやかなわが家」とどうしても繋がらないんです。

 

経済的な余裕はあるに越したことはないですけど、私が一番に願ったのは、
週末には家族全員でピクニックに出かけたり、キャンプ行ったりするようなファミリー。

 

一番大きな違いは、彼は
「子どもは育てるのが大変な世の中だから、一人いればいい」と言ったことですかね。
プロフィールには子ども好きってあったんですけど、
彼の話を聞くうちに
「子どもは大好きだけど、子どもに苦労をさせたくないからひとりでもいればいい」
という考え方だとわかりました。

 

とても紳士で、優しい人だったからすごく迷ったんですけど、
ちょっと違うという気持ちを適当にごまかして結婚するのはどうかなと思ったので、お断りしたんです。

 

それから数人は、うまくいきませんでした。
でも最終的に、紹介された人と今度、いよいよ婚約することになったんです。
彼のいいところは、彼自身が田舎の大家族に育っていて、それが普通だって思っているところかな。
まぁそれまで紹介していただいた男性のなかで、一番給料も少なかった(笑)
だけど、結婚相手に求めるものって、それだけではないんですよね。
特に私にとっては、「家族」って単位を大事にしてくれる人、
子煩悩な人っていうことがとても大事なポイントだったんです。

 

彼はデートのときでも遊園地とかが好きで、
列に並んでたりする見知らぬ子どもともじゃれあって遊んでしまうような人。
まさに、私の理想の人だなって思いました。

 

>> 体験談6:婚約までの道のり

結婚相談所で出会いを重ねるうちにチャンスが!関連エントリー

結婚して家族を作ろう
婚約までの道のり