婚約までの道のり

婚約までの道のり

唯一気になったのは、彼の実家と私の実家がそれぞれ、北端と南端(笑)
まるきり正反対の場所に育ったということです。

 

だけど、お互いの実家に遊びに行ったとき、
それぞれ違う習わしとか土地柄とか、楽しめるような感じだった。
だから、大丈夫だなと思いました。

 

それに彼が
「楽しみだね。子どもが生まれたら大変だよ。
夏休みや冬休みごとに南と北へ日本横断帰省旅行だよ」
って言うから、なんだか笑っちゃって。

 

こんな彼がどうして今まで結婚相手に恵まれなかったのかなというのはひとつの疑問でした。
それを彼に問いただすと、
ひとつにはやはり仕事が忙しくて出会いがなかったこと、
そのわりには給料もよくない、
それからもうひとつは「今どき子だくさんがいいなんていう女性がなかなか、いなくてね」
ということでした。

 

でも、相談所だったらそういう希望も最初からくみとって、
相手をチョイスして紹介してくれるわけです。
だから、ストレートに結婚へ向けて進むんだなぁって後から思いました。

 

それと相談所で良かったのは、
やはり仲人のような立場でアドバイザーの人がいろいろと気配りしてくれたことです。

 

特に初回に会うときとか、
私のように何度かお会いして結局違うなと思ってお断りするときとか、
そういうふうにきちんと間に入ってくれる第三者がいるととても楽です。

 

他にも、これは後から彼から聞いたことなんですが、
男性には「こういうことに注意したほうがいい」とか
「こういう恰好はだめだ」とかアドバイスもくれてたらしいですね。

 

家族になりたいってことは、家族に対する責任もうまれるってことですよね。
だから、やっぱり結婚相手に対しては妥協せず、
求めるものははっきりとさせたほうがいいと思います。
我慢ばかりしていては結婚生活は続かないと思うんです。
結婚相談所で知り合ったカップルは実は離婚率が低いと聞いたことがあります。
たぶん、お互いの状況を事前に充分知っていて、
なおかつ相手が何を一番大事に思っているか、
何を求めているかを最初から条件的にわかっているからではないでしょうか。

 

私と彼だって、意見が違うことはあります。
彼の熱帯魚好きには私はちょっとついていけないし(笑)
でもお互い、大切にしていること、一番望んでいることは一緒だってわかってるから、
きっとうまくいくと思います。

 

今は結婚式を楽しみに、準備している最中です。

 

>> トップへ戻る